ご無沙汰しております!

回のブロク更新から、何と、気が付けば、もう半年以上が経ってしまいました(^^;)

この半年、実はとっても波乱万丈(?)だったんです。

 

まず、2月初めに、”突発性難聴”を発症し、2週間の休職と入院治療に関わらず、右耳の聴力をほぼ失ってしまいました。

その後、4月のインド研修から帰国後、7度目の渡印にして初めて、ウィルス性急性胃腸炎を発症し、1週間ほど寝込み、4月開講予定だった第6期ヨガ指導者養成コースの開講を遅らせる事態となりました。

 

その後、すぐ発覚したのが、二人目の夫との間に、何と40半ば過ぎての第三子妊娠!

思った以上のつわりの症状に悩まれながらも、養成コースはお休みすることなく続けておりましたが、GW中に残念ながら、初期流産してしまいました。

流産してすぐに、インド人夫の来日手続きのために再渡印し、またもや、二度目の妊娠。

前回の妊娠では、養成生や周りの講師の皆様へ、カミングアウトしていましたが、周りが気を遣い過ぎるといけないので、この時は伏せておきました。

ですが、こちらも残念ながら、3ヶ月に入る手前で自然流産してしまいました。

40半ば過ぎの妊娠自体が奇跡的であり、出産までこぎつけられる確率は20%ほどと医師から宣告されていたとはいえ、二度目の流産はさすがに、少し堪えました。

 

右耳は、突発性難聴を発症当時、iPodのイヤホンの音量を最大にしても、聴こえないレベルでしたが、今は多少聞こえるようになったので、回復の見込みはないと退院時に診断されていましたが、やはり”可能性“なるものを信じています。

 

今年はこのように、思いがけない試練が立て続けに起きましたが、ヨガのおかげで、深く落ち込んだり、ひきずったりすることはなく、すぐに気持ちを切り替えることができました。

 

結局すべては、自分を成長させてくれる、かけがえのない学びと経験でしかないのです。

 

入院生活では、普段はお会いすることがなかった、末期がん患者の皆様や重大事故に遭い、生死の境をさまよった方などと交友を深めることができ、今後のNPO事業に向けて、いくつも大きなヒントや気づきを与えてくれました。

 

普段、当たり前だと思っていたことにも、改めて感謝の気持ちを持つことができました。

耳が聞こえる、目が見える、香りがわかる、味がわかる、感触がわかる・・・これら、五感でさえ、決して当たり前のものはなく、全ては奇跡であり、かけがえのない、授かりものなのですネ。

”ヨガは五感をコントロールすること”と聖典で言われていますが、人間としてこの世に誕生し、制御する対象である五感があること自体が、本当はかけがえの無いことなのです。

 

呼吸ができる、五体満足である、夜眠ることができる、食事が頂ける・・・・、これらも何一つ当たり前のものなんてない。

 

今ここに肉体を持ち、存在していること自体が、素晴らしいことなのです。

 

心配してくれる家族がいる、友人がいる。

・・・病院では、身寄りがなく、余命宣告を受け、日々涙に暮れている方もいらっしゃいました。

 

私は片耳が聞こえなくなっても、コミュニケーションが取れなくなったわけではない。

自由に動くこともできる。

病院ではご縁があった入院患者の皆様へ少しだけ、ヨガをお伝えすることができ、”体が軽くなった”、”良く眠れるようになった”、”気持ちが明るくなった”など、喜んで頂くことができました。
末期ガンで、すでに治療法がなく、退院後に戻ってくることもないと涙されていた女性は、ヨガの考え方を入院生活の中で、少しずつお話したところ、「”今をどう生きるか”ということこそが大切であったのだと気づくことができました。退院後は、長年休んでいた趣味の社交ダンスを再開します!”」と、笑顔で病院を後にされました。

普段の生活では、ヨガ教室に通える健康な状態にある方としか、なかなか、接点はありませんでしたが、この経験は私の今後の人生にとって、大きな道しるべとなりました。

 

自分自身の二度の流産も、全くショックでなかったといえば、嘘になりますが、束の間だったとしても、”新たな命を育む喜び”を私にもたらし、世界をより一層輝かせてくれました。

 

このような状況の中ではありましたが、この半年の間に、全米ヨガアライアンス認定、NPO法人設立、夫の来日問題に関する膨大な資料作りに取り組み、アライアンスは7月に無事認可が下り、NPOは11月に内閣府より、許認可を受ける運びとなりました。

夫と出逢ってから間もなく3年。一緒に暮らせる日を待ちわびてきましたが、夫の在留許可も、間もなく法務省から発行されることでしょう。

 

3年半前に、秘書業を退き、それまで4年半兼業で続けていたインストラクター業をライフワークとし、独立開業をしてから、みなみ野サロンの運営、町田校の運営、養成コースの運営に心血を注いできました。

平均睡眠時間3~4時間、週7日労働の日々。

自分自身は好きなことやインスピレーションに従って、無我夢中で没頭してきただけなので、辛いと感じたことはありませんでしたが、そんな働き方も改める時期だったのかもしれません。

すべてはなるべくして、なっているのだと思います。

 

今春からは、町田校とみなみ野サロンに、養成コース卒業生の中からMIYAKO先生とCHIEMI先生にマネージャーとしてそれぞれ、フルタイムで勤務して頂き、公私ともに大きなサポートを頂き、心より感謝しております。

 

第7期ヨガTTCも開講まで、あと1週間となりました。

9月、10月と二ヶ月間、第6期とのダブル進行になり、また少し多忙になりそうではありますが、受講生の皆様からたくさんのエネルギーを頂き、一瞬一瞬を大切に生きていきたいと思っています。

 

目の前の人の笑顔はエネルギー源。

その方の幸福は私自身の喜びと”人生の意味”です。

リシケシ・ヨガシャラ 住所:〒194-0013 東京都町田市原町田2-4-1 ライオンズルーセント町田202

℡ 042-850-9785   *レッスン中は応答出来かねます   営業時間:午前10時~22時 年中無休