よくあるご質問 FAQ


1,指導経験もないし、ヨガもほぼ、未経験、、、、しかも全く英語ができなくても参加可能ですか?

→大丈夫です。コロナ禍の期間を利用して、オンラインの養成講座で資格を取得された方がとても多いようです。

当校では、そのような皆さんにも、日々、指導練習の実践の場を設け、指導経験豊富な講師陣が、指導スキルやノウハウを惜しみなくお伝えしています。

また、特にヨガインストラクターを目指しているわけではなく、”ヨガに興味をもったから本場で学んでみたい!”という方にも親切でフレンドリーな講師陣が皆様のご要望に応じて、臨機応変にフォローしていますので、何でもお気軽にご相談下さいませ。

英会話については、当校ディレクター 真理プラサードが現地インド人講師のクラスに日本語で説明をしながら行っていますので、全く問題ありません。

どうしても心配な方は、事前に養成コース内授業で使用する、ヨガ英語の教材(テキスト&ビデオ)をお渡ししていますので、是非、ご自身でも渡航前に学習されてみてください。

ヨガ英語自体は慣れてしまえば、リスニングもスピーキングもそれほど難しくありません。現地の方々との日々のコミュニケーションで大切なのは、やはり、完璧さを求めることではなく、恥ずかしがらずに、”目の前の方と通じ合いたい!理解しあいたい!”という情熱・ハート・笑顔(非言語コミュニケーション)です!

是非、この機会に英語への苦手意識も、現地インド人の皆さんの口癖、”NO PROBLEM!”を合言葉に、楽しく克服してみましょう♪

 

2,インドや海外には行ったことがありませんが、治安は大丈夫でしょうか?

→リシケシはヨガの聖地と呼ばれるだけあり、インド国内では治安がとてもいい地域です。

日中であれば、女性の一人歩き、ショッピングやお茶タイムも日本国内とあまり変わらない感覚で過ごせます。

ただ、夜間の一人歩きを避ける、人通りの少ないところに行かない、知らない人にむやみやたらについて行かない、など基本的な用心はもちろん、必要です。

 

3,日用品や薬などはすぐに手に入りますか?

→リシケシは、ヨガの聖地として近年は観光地化されているため、日常生活に必要なものは、安価で街のいたるところのキヨスク(売店)でほとんど何でも手に入ります。また、薬局も至るところにあるので、ご安心下さい。

病院で診察を希望する場合は、リシケシマーケット(アシュラムやゲストハウスからオートリキシャで15分程)にある公立の病院でほぼ無償で通院することが出来ます。急病でなければ、当校アーユルヴェーダドクターウーシャのクリニックで相談することも出来ます(費用実費個人負担)。

 

4,現地ではクレジットカードは使えますか? また、デビットカードなどのキャッシング、両替はすぐ出来ますか?

→金額が大きい買い物であれば、パワーストーンなどの宝石店、衣類の店、グレードの高いホテルのレストランなどで使用することが出来ます。

ただ、ATMや両替所も点在しているので、簡単に現地通貨を手に入れることが可能です。

クレジットカードがデヴィットカードをお持ちであれば、一番便利で安心です。両替所での換金よりも手数料が安くなる場合が多いです。

*ATMのキャッシングであれば、偽札の心配もありません。

 

5,ランドリーサービスはありますか?

→ご希望であれば、手配も可能ですが、有料となります(一着につき50円ほど)。

通常は、ご自身のお部屋で洗濯物を手洗い頂き、ご自身で干して管理頂くことになります。洗濯石鹸やロープ、ピンチも現地で安価で手に入りますが、日本の100円ショップなどで購入されていくといいでしょう。

 

6,蚊やダニなどの害虫が心配ですが・・・

→雨季や夏場などの時期によっては、日本と同様、蚊が増えますが、現地では虫刺されによく効く薬も手軽に安価で手に入ります。ダニアレルギーの方にも、アレルギーを抑える塗り薬や飲み薬が簡単に手に入りますので、何かあれば、ご遠慮なくご相談下さい。

 

7,トイレは綺麗ですか?

→宿泊施設、研修場所のトイレは、洋式タイプで清潔に保たれています。

リシケシ市内地の公衆トイレは、有料で使用出来ますので、勿論、清潔です。(数十円)

街中のカフェでは、店内スタッフに声を掛ければ、無料で快くトイレを使用させてもらえます。

 

8,部屋にはエアコンなど空調設備がありますか?

→通常は、エアコンの代わりにシーリングファンが付いていますので、そちらをご利用ください。

リシケシは朝晩と日中の最高気温が15度~20度異なります。夏場であっても比較的、朝晩は涼しくなり、過ごしやすいかと存じます。

どうしてもエアコンの使用を希望の場合は部屋が空いていれば別料金追加で利用できます。
(ただし、電気代はとても高く、エアコン付きの部屋に宿泊する場合の追加費用は一泊1500円~2000円です。)

 

9,ドライヤーや携帯の充電など、日本の物は使えますか?

→専用アダプターは、現地で日本円で200円程度で、購入可能です。

ただ、日本で購入されたほうが品質は良いかと思います。100円ショップなどで購入可能です。

日本のドライヤーは電圧が異なりますので、使用不可の場合が多いです。

心配な方は事前に海外で利用可能のヘアドライヤーを出発前に購入するといいでしょう。(Amazonで2000円~3000円)

*2024年春季コースの滞在先では各部屋にヘアドライヤーが付いています

 

10,お部屋の掃除、ルームサービスなどはありますか?

→基本的にお部屋はご自身で日々、清掃して頂いています。食事のルームサービスはございません。

清掃が希望の場合は、ゲストハウスのスタッフにお声がけください。(清掃スタッフに任意のチップをお支払いください)

また、ベッドシーツの交換もゲストハウスの受付係や清掃係などのスタッフにご自身でご用命ください。

 

11,現地の食事内容はどんな感じでしょうか? またお水は安全ですか?

→コース管理中の食事は、基本的にインドアシュラム形式のベジタリアン食となります。

養成期間中は、禁酒禁煙をお守りください。

ただ、リシケシは、基本的にベジタリアン食といえども、ヨガの聖地として観光地化されているため、イタリアン、中華、メキシカン、和食など、世界の料理が至るカフェで楽しむことが出来ます。

リシケシの食事は、新鮮な野菜・果物が年間を通して豊富なので、留学生の皆さんにとっては、食がリシケシの大きな魅力の一つのようです。

アシュラムやゲストハウスや現地のカフェ・レストランでは基本的に蒸留水を使用しているので、安全です。

蒸留水はそのまま飲用水として飲むことも出来ます。

それでもご心配な方は街の至るところでミネラルウォーター(2リットルで50円位)が売っていますので、そちらを利用するといいでしょう。

水道水で洗顔をしたり、シャワーを浴びる際に水が口から少し体内に入るくらいでは、通常お腹を壊すようなこともありません。

 

12,英語の講義はどのようなものがありますか?

→基本的にヨガのポーズや呼吸法など実践中心のクラスは現地講師が英語で行なう予定です。ただし、真理プラサードが日本語で説明しながら行っていますので、英語力に自信のないかたもご安心ください。機能解剖学、運動生理学、思想哲学は真理プラサードが直接日本語で、もしくは、ニーラヴ・プラサードとともに日英同時で行っております。当校現地養成コースでは日印在住10年以上の真理プラサードが難しいヨガ哲学等の知識もヨガ未経験の方にも分かりやすく説明しています。

 

13, 現地でのインターネットなどの使用はどのような感じでしょうか?

→滞在先、研修先には無料のWi-Fiがあります。ただ、リシケシ自体がヒマラヤ山脈に囲まれた山間にあるため、天候や祝日によっては通信が不安定になることがあります。過去には動画配信を職業として行っている方も養成コースにご参加になりましたが、特に大きな問題はなく、日本国内とほぼ変わらぬ感覚で、配信を実施されていました。また、当校ディレクターの真理プラサードも通常ノート型パソコンを現地で使用していますが、日本国内や先進国とほぼ変わらず、使用しています。

携帯電話については、日本出発前に、Amazonなどでインド専用またはアジア周遊型SIMカードをご用意されると安心です。

デリー空港ではインドの携帯電話番号をお持ちでないと無料Wi-Fiが使えませんので、事前に数日間有効なプリペイドSIM(3000円前後)をご準備下さいませ。その後、リシケシ現地の携帯ショップでインドの携帯番号とともに、一ヶ月~三か月有効なSIMカードを2000円~3000円で購入できます。

早くデータを消費してしまった場合も、ショップに行かなくても、インターネットから都度データを追加決済でき、とても便利です。

 

14,渡航前に他の受講生の方々との顔合わせのようなものはありますか?

→開講一か月程前にZOOMオンラインでオリエンテーションを行ないます。

日程が近づきましたら、お申込み頂いた方に出欠のご確認を取らせていただきます。

遠方でご参加になれない場合は、当日の録画をご覧下さいませ。

その際にLINEグループをシェアしていますので、ご出発前から同期の皆さんと情報交換ができます。

 

15,インド中央政府公認ヨガアシュラムとありますが、アシュラムとは何かの宗教団体でしょうか?

→アシュラムとは、インド中央政府より正式に認可を受けた、宿泊施設を備えた公的な社会福祉施設のことです。何か特定の宗教とは関係ありません。

すべての宗教、思想、文化、習慣の方において公平なヨガを実践し学ぶためのヨガスクールです。 

 

16,狂犬病、日本脳炎等の予防接種を受けてから行ったほうがいいでしょうか? 

→インドはあまり知られていませんが、国際的にもとても恵まれた福祉大国で、感染症、伝染病のワクチンは公的病院で無償で接種できます。

万が一、野犬や野生動物に噛まれたり、体調不良を感じた際はすぐにご相談ください。

過去10年間で、感染症などで大きな問題になった方はいらっしゃいません。

子犬と遊んでいて、甘噛みされた方もおり、念のため、現地公的病院ですぐワクチンを接種しましたが、その後体調不良などはでておらず、大事には至っておりません。どうしてもご心配な方は個人の判断となります。

 

17,参加者の人数、国籍など。 

→現地アシュラムは通年開講しており、1名からでも養成コースに参加可能です。各コース10名定員となっております。

(ベーシックコース、アドバンスコースと合わせて、少なくて10名前後、多くて18名前後です)

当校は、日本人講師である真理プラサードが夫ニーラヴ・プラサード共にアシュラムを運営していることから、他校に比べ日本人の留学生の数がもっとも多くなっています。残りは、インドに長期観光で滞在している欧米のツーリストやインド国内の他州からの学生です。

温暖で過ごしやすい3~5月の春季、日本の夏休みに当たる8月、9月~11月の秋季は、日本からの留学生が9割を占めます。

 

18, 今後の世界情勢や自然災害、感染症の蔓延によって起こり得る開催の延期、中止、返金等の規約の有無。 

→今後またコロナ等の感染症により、入国制限が発令された場合は、①受講料全額返金 ②未来の講座への振替 ③日本からオンライン講座でひとまず受講し、将来改めてインド現地で受講、の3つの選択の中からお選びください。 

*ただし、ご自身で手配された渡航に関わる費用(ビザ申請料、航空券、海外旅行傷害保険代、パスポート代など)に関しては、責任を負いかねますので、ご了承下さいませ。

 

【その他】

*開講一か月前ほど前になりましたら、ZOOMオンラインでオリエンテーションを実施しています。正式なお申込み時に返金に関する規約や現地で万が一の事故があった場合などの免責同意書を提出頂いております。 

 

*ご自身の自己都合による受講のキャンセルについては、基本的にご返金はお断りしていますが、オンラインでの受講の場合、未来への講座への振替は特に変更手数料などの追加費用はかかりませんので、ご了承下さいませ。(受講料改定が生じていた場合は差額をご負担ください)


<2024年春季コース 滞在先宿泊施設 RISHIKESH YOGASHALA(Hotel the Govid Residency)>


お問合せフォーム


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です