ワーキングホリデーでヨガを教える!

NZ滞在22日間  2020年2月開講 全米ヨガアライアンスRYT200認定取得

インド伝統式ハタヨガ指導者養成コース in ニュージーランド


 

【2020年2月開講ヨガ指導者養成コース in ニュージーランド開催概要】

 

◆開講日程:2020月2月8日(日)~2月29日(土) 開講(22日間) 

 

*NZ現地での授業開講日程です。日本‐NZ間の移動には1~2日ほどかかります。

*初日は、午前10時~開講式、その後通常授業、最終日は午前10時~修了式、その後解散 

*季節は一年中で一番過ごしやすい夏になります。(20度~25度)                         

 

      

◆担当講師: MARRIE (真理・プラサード)  当校ディレクター/E-RYT500・YACEP

 

 

取得資格:インド中央政府公認 RISHIKESH YOGASHALA認定 

        ハタヨガ ティーチャー200H 

           全米ヨガアライアンス RYT200 認定 ヨガティーチャー  

         NPO法人ヒール・ジ・アース認定 ヨガ・ティーチャー 上200H

 

◆開講場所:ニュージーランド北島 ファンガレイのホリデーホーム(予定)

 *北島最大の都市オークランドからバスで2時間半に位置する、人口5万人ほどのビーチリゾート地

 ファンガレイのビーチ:https://www.backpackerguide.nz/10-best-beaches-in-whangarei/

 

 *↓滞在先(参加人数によっては変更の可能性あり) 

 ショッピング、カフェ、銀行など、徒歩10分以内。Bay of Islands のたくさんのビーチにアクセス便利な閑静な住宅地。  

 

<NZでの養成コースの魅力>

 

NZは、ディレクターMARRIE(真理プラサード)が10代と20代に、長期ホームスティ(留学・就労)していた第二の祖国です。

一年中、温暖な気候に恵まれた、ニュージーランド北島のビーチリゾート Bay of Islandsでは、ホリデイホーム(ゲストハウス)に滞在し、MARRIEとともに、インドのアシュラムのスタイルそのままに、共同生活のなかでインド伝統式ハタヨガの真髄を学びます。

 

ニュージーランドは、環境保全の意識がとても高く、美しい大自然がそのままに残されている一方、街は日本よりもハイテクが進み、とても住みやすく整備されています。

 

アウトドアのレクリエーションも盛んで、ビーチ、ヨット、カヤック、トレッキング、乗馬、ラフティングが一年を通して楽しめます。

また、星空の美しさは世界でも認められるほど、夜間は満天の星降る夜空を楽しむことが出来ます。。

 

リス、鳥、ウサギ、オポッサム、鴨など野生動物たちも、ニュージーランドの人々と同様、とてもフレンドリーで人懐っこく、地球に遺された現代の真の楽園です。

 

 

受講費用: 早割価格 29.8万円(税込)*12月末まで(一括払いのみ)

                       正規価格 36万円 (税込

         *分割払いご相談可(*前納金 10万円要)                

         別途テキスト代 1万5千円(税込)

         *当校ピラティス、ヨガニードラ養成コース卒業生、早割価格及び正規価格より、卒業生特典割引3万円適用あり。

       

    振込先:みずほ銀行 八王子南口支店 普通口座 1314999 特定非営利活動法人 ヒール・ジ・アース  

 

<受講費用に含まれるもの>

・宿泊費用(シェア、共用バスルーム、キッチン設備)

  (個室希望の場合は、プラス5万円)

・入学金、認定証発行料

 *全米ヨガアライアンス登録料は個人負担(初年度115米ドル/2019年10月現在) 
・現地での急病など緊急時のサポート

・修了試験(ヨガクラス指導、筆記試験)は、日本語で大丈夫ですので、語学の心配はありません。
 
  <受講費用に含まれないもの>

・成田空港-オークランド空港(AKL) 往復国際航空券(10万円前後)

・現地移動交通費(オークランドからファンガレイまで、バスで3000円前後)

・ETA(観光ビザ取得費用 NZ$9 & 観光税$35 合計NZ $44ドル/3000円前後)費用

・現地食事(共用キッチン・ダイニングがありますので、各自でご準備下さい。食費は、3週間の滞在で2~3万円ほど)

・海外旅行傷害保険(1万円前後/任意)  

 

*ご入金確認後から、当校で開講中のRYT200ヨガ指導者養成コース(毎週月木土日 午前10時~18時)を無料で聴講出来ます。

*卒業後も、インド、NZ、日本で開講の養成コースにいつでも無料で再聴講OK!

(海外講座の場合は滞在費は個人負担。授業料免除) 

 

 

◆受講条件心身ともに健康で妊娠中ではない方。 

                   現地での行動規範に従い品性を保って行動し、一人のヨガ修練者として、誠実に学ぶことの出来る方。

 

<ワーキングホリデーでNZに行かれる皆さん>

 

世界80か国以上で有効な、全米ヨガアライアンスのヨガ指導者資格(RYT200)を取得し、ニュージーランドでヨガを教えてみませんか? 現地ヨガスタジオ、公民館、自治体、個人活動など、活躍の場は豊富です。

 

◆定員:6~8まで(定員になり次第、締切)

 

◆お問合せ先: rishikesh.yogashala.japan@gmail.com

 

            TEL: 042-850-9785     

 

 <一日のスケジュール例> *一日9時間

 

7:00〜7:30  -  シャットカルマ(ジャラネティ他)、マントラチャンティングなど

7:30~9:00  - アーサナ、プラーナヤーマ実践 Input

9:00~10:00   - 朝食タイム

10:00〜12:00   - ヨガ哲学、ヴェーダ哲学、タントラ思想など

           -解剖・運動生理学

12:00~13:00   - 昼食タイム

13:30〜15:00   - 指導法理論、英語でヨガ指導法他

15:00〜17:00 -  アーサナ、プラーナヤーマ指導練習 Output

17:00~18:30 - ヨガニードラ、瞑想法実践及び指導練習

18:30~19:30 -夕食タイム

21:00 消灯

 

*土曜日課外授業、日曜日フリー(自習)

*お天気が良い日は、平日も課外授業を行うときがあります。

 

◆無料説明会:12/23(月)16時~、1/6(月)11時~

 

*同業他社の方による偵察目的のご参加は固くお断りします。

*説明会では、当校のコンセプトや受講にあたっての注意事項、皆様からの質疑応答の時間とさせて頂いています。(所要時間45分ほど)

 

 


ニュージーランド開講 RYT200認定取得講座 お問合せフォーム


メモ: * は入力必須項目です

ダウンロード
RYT200認定取得コースNZ申込書.pdf
PDFファイル 125.1 KB
ダウンロード
RYT200 NZ研修参加申込書 免責同意書.pdf
PDFファイル 100.9 KB