【第13期ヨガ指導者養成コース(インド滞在短期集中型)】

本コースでは、インドヨガの聖地、リシケシにて、朝夕一日約4時間のポーズや呼吸法の実践時間に加え、滞在中はアーユルヴェーダに基づき、三食の食事管理も行っていくため、心身のバランスとコンディションを集中的かつ効果的に整えていくことが出来ます。

また、英語では理解が難しいヨガ哲学、解剖学、運動生理学も真理・プラサードが日本語で授業を行いますので、安心して授業に参加出来ます。

コース修了後、プロの指導者として、国内外で活躍していくために必須なビジネスマナー講座と英語指導法についても、日本開催コース同様、短期で集中した環境で、しっかり学ぶことが出来ます。コース卒業生は、帰国後、レギュラー講師として町田校での一般レッスン指導のチャンスがあります


【第14期ヨガ指導者養成コース200H(2018年4月開講/町田校)】

日本校、町田スクールの養成コースに通う半数以上の方が30~40代以上のヨガ初心者からスタートしています。約3カ月半の本講座では、格式あるインド・ヒマラヤ伝統のヨガのポーズの効果効能や、呼吸法、瞑想法、マントラ詠唱法などを一つ一つ丁寧に学んでいきます。

ヨガ哲学、解剖学、運動生理学、ビジネスマナー講座、英語指導法などの座学と指導実践ワークも豊富で、卒業生は9割以上が卒業後、すぐにヨガ指導者として活動を始め、半年以内に独立開業をし、独自の活動を展開しています。 


【全米ヨガアライアンスRYT500認定取得コース300H(2018.4開講/インド2W滞在100H&町田校200H週2通学コース)】

200時間の養成コースを修了し、すでにヨガ指導者としてご活躍中の方を対象とした、アドバンスコース300時間です。

当校代表プラサード真理は、500時間養成コースを開講出来る指導者として認定を受けた、E-RYT500(全米ヨガアライアンス最上級資格)と、YACEP(全米ヨガアライアンス公認のヨガ指導者養成講師のうち、信頼のおける高い指導技術と豊富な養成指導経験を持つと認定された、養成講師にだけ与えられる称号)正式認定者です。

現在当校は、2018年4月より、インド2週間滞在(100H)と町田校での週2通学コース(200H)を合わせた、RYT500認定取得コース(RYT300)を開講準備中です。

インド滞在100Hの学習については、4月前半もしくは、8月前半の二週間で学習することが可能です。

また、インド現地で短期集中で学習したい方には、8月~9月中旬での6週間インド滞在300H学習によっても、取得可能となる予定です。

*詳細は、決定次第、HP上でお知らせ致します。

*業務が立て込んでおり、準備が遅れていますが、2017年中には詳細を決致します。

*上記予定は、当校卒業生や外部講師からの要望に応える形で、検討中のため、実際に募集を開始するまでは、予告なしに、変更することもございますので、予め、ご了承下さいませ。(2017.10月末)