インド伝統式ヨガニードラセラピスト養成講座20H受講概要


現代のストレスマネジメント及び、ヨギのセルフ・プラクティスの決定版!

インド・ヒマラヤ伝承ヨガニードラ、及び、現代版ヨガニードラ実践と誘導法を3日間で学べる集中講座

 

ヨガニードラの”ニードラ”とは、サンスクリット語で、ヨガ行者の”眠り”を意味する言葉です。

それは”夢を見ている状態”や単に”目覚めている状態”とも異なり、意識を覚醒したままで行う眠り、

つまり、意識の神聖な一つのステージ(瞑想状態)のことです。

 

現代では、ヨガニードラは、単なるガイダンス付のリラクゼーション法として、広く一般に広まっていますが、本来は数千年にわたり、賢者やヨガ聖者によって密かに伝承されてきた、統一意識・純粋意識に至る智慧であり、単なるリラクゼーションの方法ではありません。

 

この講座では、単なるセラピーやリラクゼーションを越えて、ヨガの聖典でも繰り返し、語り継がれてきた意識の3つの状態+@、4つ目の意識=純粋意識・超越意識・統一意識について、ヨガ、ヴェーダンタ、タントラの思想を学ぶことによって理解を深め、古典的かつ伝統的なヨガニードラの真髄とまた、現代広く、リラクゼーションやセラピーとして広まっているテクニックについて学習します。

 

通常のヨガの修練の旅路と同様に、日々の実践がとても大事なことは言うまでもありませんが、旅路の終着点を知ることは、その旅路の各段階や秘められた意味を知るのに、とても役立つはずです。


ヨガのアーサナでは、ポーズを取ることにより、身体にフォーカスして、心に働きかけますが、ヨガニードラでは、基本的にはシャバアーサナ(屍のポーズ)もしくは、代替の仰向けまたはうつ伏せのポーズを取り、肉体活動を意識的に収め、指導者のガイダンスに委ね、私たちのマインドに直接働きかけ、意識を深いリラクゼーション状態~覚醒された意識での深い眠りの状態、瞑想状態へと導きます。

このプラクティスを日常的に繰り返すことにより、個人の自己変革を自然に引き起こし、内在する自然治癒力・自己免疫力を喚起するセラピーとして、現代では様々な形で取り入れられています。

 

この講座では、ヨガニードラを実践する前に、日常的なプラクティスとして行われている次のヨガの手法を修得します。    

・シャットカルマ:瞑想に入る前の心身の浄化として行われる手法のうち、ジャラネティ(鼻うがい)を修得します。
・マントラ:心、体、魂を統合し、ヨガニードラの意識状態に到達するのに大変効果的だとされる3つのヴェーダマントラをヒマラヤ司祭階級に属するマントラ伝承者のニーラブ・プラサードより、直接伝授、修得します。
・アーサナ:心身のリラクゼーションを深め、ヨガニードラの瞑想状態に到達するのに効果的な基本のアーサナ(ポーズ)を修得します。
・プラーナヤーマ:瞑想状態に誘うのに効果的な呼吸法を修得します。
・ヒーリング:心身に溜まったネガティブなエネルギーを浄化し、ヨガニードラの準備となる、パワーストーンやその他瞑想の為の浄化グッズを使ったヒマラヤに伝承されてきたタントラのテクニックをニーラヴ・プラサードより直接伝授いたします。
また、インド・ヒマラヤに伝承されてきた、下記の5つの代表的なヨガニードラに至るためのテクニックを学習します。

1、ボディスキャンと完全なリラクゼーション、脊柱呼吸法、チャクラへの気づきを組み合わせた手法
2、ボディスキャンと完全なリラクゼーション、より長いSpine呼吸法を取り入れ、チャクラへの気づきを組み合わせた手法
3、ボディスキャン、Spine呼吸法、チャクラへのアプローチを組み合わせた手法
4、ボディスキャンとハートセンター(第四チャクラ・アナハタチャクラ)を意識する手法
5、自律神経調整のための横隔膜呼吸とSpinal呼吸法を中心として行うもの

 その他、主に、リラクゼーションや自己実現、セラピーとして取り入れられている現代のヨガニードラの下記の誘導法を習得します。
・ボディスキャンの誘導法
・ビジュアライゼーション(イメージ誘導):リラックス状態の中で、心の中にある映像を思い描き、視覚(映像)だけでなく、聴覚(音)、嗅覚(香り)、味覚(味)、触覚(肌の感触)などもイメージし、五感を刺激することによって心身のコントロールを図ります
・筋弛緩法:全身の筋肉を意識的に緩めることによって、心にアプローチする自律訓練法(自律神経を整えるセラピー)の一つ
サンカルパ(自己宣誓、アファーメーション):自分に対する「宣言」を心の中で唱え、潜在意識に働きかけ、自己実現を促します。  等  

 

ヨガニードラでの深い瞑想状態での脳波の状態は、心身が深くリラックスしてまどろんでいる際のアルファ波と、浅い眠り、夢見の状態で見られるシータ波を行ったり来たりします。 ただし、実際に夢を見ている状態ではなく、例えば、夜の就寝時に深い眠りに落ちる、その瞬間の意識状態であったり、まどろんでいるときに感じる”空っぽ”の感覚です。つまり、通常であれば意識と無意識の境目を、ヨガニードラでは、意識を覚醒させたままで、行ったり来たりし、4つ目の意識の状態=超越意識・純粋意識での大きな気づきを探求していきます。
修練を積んだヨガ聖者の場合、通常は深い無意識での熟睡状態で見られるデルタ波のレベルまでも、完全に意識を保ったままで、自在に自分の意思で操ることができ、アルファ波、シータ波、デルタ波の間を自由に行き来出来ることが研究で分かっています。
そのような深い意識状態では、普段の表層意識では決してはかり知ることの出来ない大きな気づき、洞察を得て、本当の自分・真我(魂)からのメッセージや自分にとって大切な認識が自然と湧き上がってくると言われています。
そして、心(自我意識)のフィルターがあいまいになっている状態で、サンカルパ(自己宣誓)を唱えると潜在意識に作用して、現実生活と真我(魂)の目的の差異にある”ゆがみ”が修正されて、願望が叶いやすくなるとされ、現代では様々な心身症におけるセラピーや自己啓発の手法として取り入れられています。
この講座では、ヴェーダ、ヨガ、タントラ思想から、意識のステージについて理解を深め、実際のヨガニードラをご自身で体験し、インドヒマラヤ伝承の伝統的ヨガニードラの指導技術と現代的なヨガニードラの誘導法を現地ヨガアシュラム師範夫妻、ニシュー&真理・プラサード夫妻のもとで習得します。

【2017年度第二回講座概要】

 2017年3月18日(土)、19日(日)、20日(月祝)午前10時~16時(最終日は18時まで)
  *全3日間、20時間の講座です。

 

【参加対象】

・ヨガインストラクターやその他フィットネスインストラクターとしてご活躍の方で、ご自身のクラスでヨガニードラ

 でのリラクゼーション法を取り入れてみたい方。

・瞑想に興味をお持ちの方。

・ヨガ実践者で、瞑想を深めたい方。

・ヒマラヤに伝わるタントラのヒーリングテクニックを身に付けたい方。

・ヨガ、ヴェーダ、タントラなど、思想と哲学の知識及び理解を深めたい方。

・日ごろの心身のストレスを自分の力で癒したい方。

・不眠や自律神経、ホルモン、食生活のアンバランスにお悩みの方。

・大切なご家族のメンタルケアを身に付けたい方。

・仕事の悩みや人間関係にお悩みの方。

・能力開発や人材育成、教育現場に携わる方 等。

 

*妊娠中の方もご参加可能です。
ただし、実践するポーズや内容によっては、実践を控えていただくものもございますので、予めご了承下さいますようお願いいたします。
また、当日来校時に、クラス参加にあたっての免責同意書へのご記入をお願い致します。
  
【受講料】
  70,000円(税込)*事前振込制


*受講費には、教材費(テキスト代、ネティポット、ルドラクシャ・マーラー)、インド現地アシュラム発行の修了証発行代が含まれます。

*受講生特典:当校一般レッスンフリーパスプレゼント!(一カ月)

 (お申込み時より、コース開講に先立って、3月末までご利用可)

*当校卒業生、割引特典あり。

 

振込先:みずほ銀行 八王子南口支店 普通口座 1314999 特定非営利活動法人 ヒール・ジ・アース 

 

【取得資格】

 インド中央政府公認 RISHIKESH YOGASHALA認定 ヨガニードラTTC20H 修了

 NPO法人ヒール・ジ・アース認定 インド伝統式ヨガニードラセラピスト20H 修了

 

【定員】

 12名(定員になり次第、締め切り)

 

【持ち物】

 ヨガウェア、汗拭きタオル、軽食、筆記用具 *ヨガマットはスクールのマットをご利用ください(貸出無料)

 

【応募方法】

 下記のエントリーフォームより、お申込み下さい。

 お申込み受付後、事務局より、確認のメールをお送りします。

 ご入金の確認を以て、正式受講受付となり、領収証と当校一般レッスンのフリーパスをご郵送いたします。

 *ご入金後の受講料の返金は出来かねますので、予めご了承下さいませ。

 

【今後の開講予定】

 

 ・追加開講決定!!

  →5月12日(金)、19日(金)、26日(金)午前10時~16時(最終日は18時まで)

   開講場所、都内レンタルスペース予定。(決定次第、詳細はHPにて公開いたします)

 

 ・第三回ヨガニードラセラピスト養成講座20H 2017年9月16日(土)~18日(月祝)午前10時~16時(最終日は18時まで)

 


エントリーフォーム


メモ: * は入力必須項目です