RYT500(300H)認定取得コース 授業内容


TTP(Techniques, Training and Practice) 実技演習

 

【シャットカルマ(浄化法)】

・伝統式ハタヨガの6つの浄化法/シャットカルマ(ダウティ、ネーティ、トラタカ、ナウリ、カパラバーティ)とは何か?

・ジャラネティ、スートラネティ、グリタ・ネーティ、ドゥグダ・ネーティ実践

ヴァーリサーラ・ダウティ(シャンクプラクシャーラナ/腸洗浄)、ダンタ・ムーラ・ダウティ(歯の清掃法)の実践と習得

・バヒランガ・トラタカ(外部凝視法)、アンタランガ・トラタカ(内部凝視法)の実践

・マダャーマナウリ、ヴァマ・ナウリ、ダクシナーナウリ、ナウリローテーションの各基本を身に付ける

・カパラバーティ(肺、前頭葉、鼻腔の浄化法)・ヴァーマ・クラマ法(交互呼吸)

 

【マントラ詠唱法】

・Ganesha Mantra, Guru Mantra, Shakti Mantra, Chandra Namaskar Mantra, Mangalacharan Mantra(Sarveshaam, Sarve bhavantu, Astoma), Shanti Mantra(poornamadah), Shanti Mantra(Sahana vavatu), Gayatri Mantra, Mahamrityunjaya Mantra, Sarasvati Mantra, Gange Mantra, Narayana Mantra 他

 

各マントラ及びシュローカの正しい発音と祈りや意味を知り、習得する。

 

【アーサナ実践】

◆Pawanmuktasana Part1(Anti-Rheumatic Group, ◆Part2(Digestive&Abdominal Group, ◆Part3(Shakti Bandha Asanas/Energy Block Postures), ◆Surya Namaskar, ◆Yoga Exercises for the Eyes, ◆Vajrasana Group, ◆Standing Asanas, ◆Spinal Twisting Asanas, ◆Balancing Asanas, ◆Backward Bending, ◆Forward bendin, ◆Relaxational Asanas ◆Advanced Group asanas ◆Yoga Nidra ◆Yoga Meditation

 

1st Week: 入門、初級アーサナの実践と復習(パワンムクタアーサナ、目のエクササイズ、太陽礼拝と正座グループ、立位、ツイスト、バランス、後屈、前屈、リラクゼーションのアーサナ)

2nd Week: 初中級アーサナの実践と復習(パワンムクタアーサナ、月礼拝と正座グループ、立位、ツイスト、蓮華座グループ、バランス、後屈、前屈、リラクゼーションのアーサナ)

3rd Week: 中級アーサナの実践と復習(パワンムクタアーサナ、目のエクササイズ、太陽礼拝と正座グループ、立位、ツイスト、バランス(アームバランス含む)、後屈、前屈、リラクゼーションのアーサナ)

4th Week: 中上級者アーサナの実践と復習(パワンムクタアーサナ、月礼拝と正座グループ、立位、ツイスト、蓮華座グループ、バランス、後屈、前屈、リラクゼーションのアーサナ)

5th Week: 上級者アーサナの実践と復習(パワンムクタアーサナ、月礼拝と正座グループ、立位、ツイスト、蓮華座グループ、バランス、後屈、前屈、リラクゼーションのアーサナ、瞑想の実践

 

【プラーナヤーマ実践】

・Natural Breathing, Abodiminal Breathing, Thoracic Breathing(胸式呼吸), Vlavicular Breathing(鎖骨式呼吸)、Yogic Breathing(完全呼吸)の実践と中上級者向けの実践テクニックを学ぶ

・Nadi Shodhana Pranayama(片鼻呼吸)、Sheetali Pranayama, Sheetari Pranayamaの実践と中上級者向けの実践テクニックを学ぶ

・Bhramari Pranayama, Ujjayi Pranayamaの実践と中上級者向けの実践テクニックを学ぶ

・Bhastrika Pranayamaの実践と中上級者向けの実践テクニックを学ぶ

・Surya Bheda Pranayama with Jalandhara Bandha & Moola Bhandha 上級者向けの呼吸法とバンダのテクニック

 

【ムドラ】

◆ムドラの5つのグループ(手のムドラ、頭のムドラ、ポーズのムドラ、エネルギーロックのムドラ、会陰のムドラ) ◆代表的なムドラ(ギヤーナムドラ、チンムドラ、ヨニムドラ、バイラヴァムドラ、ヒリャダヤムドラ、シャンバヴィムドラ、ナシカグラドリシティ、ケッチャリムドラ、カキムドラ、ブーチャリムドラ、アカシムドラ、シャンムキムドラ、ウンマニムドラ、ヴィパリータカラニ、パシニムドラ、タダキムドラ、プラナムドラ、ヨガムドラ、マンドゥキムドラ、マハムドラ)

 

【ナダヨガ】*特別講座
・シタール、タブラ、フルート、ハーモニアムなどインドの古典楽器の演奏方法を学ぶ

Philosophy, Lifestyle & Ethics 哲学・生活倫理

◆伝統式ハタヨガの起源であるタントラ哲学とは?◆タントラ哲学の7つの思想 ◆タントラ哲学の5つの特性 ◆ハタヨガプラディーピカとは?◆伝統式ハタヨガと現代式ハタヨガの違い ◆伝統式ハタヨガ実践の7つのテクニックを知る

◆ヴェーダ哲学とは?◆ヴェーダンタとは?◆マーヤーの概念 ◆カルマと再生 ◆霊性の基本原理 ◆化身についての概念 ◆たった一つの真理 ◆多様性の中の統一 ◆精神的な実践/ヨガ ◆ヨガスートラの起源 ◆苦悩と思考 ◆心の5つの機能(知覚、間違え、創造と迷い、眠り、記憶)◆練習時の心構え ◆苦悩から生じる4つの症状 ◆分析と瞑想 ◆過去からの解放 ◆5つの煩悩(無知、プライド、執着、嫌悪、死への恐怖) ◆完全なる自由への7段階(サプタ・ブーミ)◆瞑想の3ステップ ◆集中状態の変化 ◆瞑想で過去と未来の知恵を得る ◆無執着と完全な自由 ◆この世で知るべき一つの真理 ◆成功のための5つの段階 ◆過去と未来は概念に過ぎない/今だけの実体 ◆心と潜在意識 ◆苦悩とカルマからの解放 バガヴァッドギータより:◆イーシュワラとは?◆ギータで語られる瞑想とは? ◆バガヴァーンの存在について ◆モークシャとサムサーラ アーユルヴェーダより:アーユルヴェーダ哲学の基本を学ぶ 他

◆卒論エッセイ提出

 

TM(Teaching Methodology)指導法・指導理論

◆アシスト・アジャストにおけるテクニック(プレス・ポイント、マニピュレーション、スタビライゼーション、ナーチャリング・タッチ、プロップ/ブロック、ロープ、ブランケット、パルペーション、ナイフエッジ法、離れる、近づく)

◆パーソナル指導法

◆シニア、マタニティ、キッズなど特別な対象者における指導 ◆マルチレベルのクラスを指導するポイント 他

 

Practinum(指導実践)

◆中上級者向けのインド伝統式ハタヨガのクラスを指導する

◆特別な対象者向けのインド伝統式ハタヨガのクラスを指導する(シニア向け、更年期障害女性向け、盲目者向け)

◆ヨガニードラのクラスを指導する

◆瞑想のクラスを指導する

◆インドヒマラヤ伝統式ヨガニードラ個人セッションを指導する

◆卒業レッスンを指導する

 

Anatomy and Physiology 解剖学・運動生理学

◆エネルギー代謝の仕組み ◆内分泌系の仕組み、◆神経系統の仕組み、◆骨格の仕組み、◆関節の仕組み、◆筋収縮の仕組み ◆筋収縮の種類 ◆動きの基本面 ◆動きの方向

◆解剖学的肢位とニュートラルポジション ◆アーサナの基本ポジション(座位、立位、仰臥位、伏臥位、四つん這い)◆動きのバイオメカニクス(アーサナの6分類/屈曲、伸展&後屈、回旋、側屈、バランス、逆転)◆代表的な不良姿勢/骨格のミスアライメント、◆関節可動域、◆骨盤の仕組み ◆股関節の仕組み ◆肩関節の仕組み ◆呼吸機能の仕組みと生理学、◆アーサナを解剖学的に分析する ◆瞑想と脳波/意識状態の生理学 他