RISHIKESH YOGASHALA

ヨガ指導者養成&独立開業コース200時間

 

2018年度 下半期インド・リシケシ2週間研修 実施要項 


現地講師の都合(海外出張)により、日程が8月から10月に変更になりました(5/6)

 

1、【研修日程】 

 2018年10月11日(木)~25日(木) 2週間 

  

往路: 10/11(木)ANA(全日空)NH827便 17:50 成田発 23:45 デリー着

    10/12(金)(月)エアーインディア AI9645 6:20 am デリー発 7:20 am デラドゥン着 

   成田空港第一ターミナルANAチェックインカウンターに16時に集合

 

復路: 10/24(水)エアーインディア AI9610 19:30 デラドゥン発 21:00 デリー着  

    10/25(木)ANA(全日空)NH828便 01:10am デリー発 同日 12:55 成田着

    *成田空港到着後、解散

    *上記フライトスケジュールおよび日程は、航空会社の事情や諸般の都合により、若干変更の可能性があります 

     

2、【研修スケジュール】 

10/11(木)リシケシ到着後 各自休憩&午後からフリータイム&市内観光

16:00 プージャ(開講式セレモニー)

18:00 夕食

 

  月曜日~土曜日   *現地の気候や研修生の体調により、変更になる可能性あり

l        7:30 am – シャットカルマ(ジャラネティ、スートラネティ、シャンクハシャプラシャーナなど)

                          プラーナヤーマ&チャンティング

                             アーサナ&メディテーション

l        10:00 am -朝食

        *朝食後フリー:寺院めぐり、ガンジス河での瞑想体験、アーユルヴェーダセラピー、インド占星術、ラフティングなど

 

l        4:00 pm - ヨガクラス指導実習一人60分クラス(日替わり担当交代制)

        アーサナ実習、プラーナヤーマ、チャンティング&メディテーション、ヨガニードラなど

l        7:00 pm - 夕食

l  10:00 pm - 消灯

  

 日曜日

*終日フリー

 

3、【持ち物】

      ヨガウェア23

      下着類34

      常備薬

      洗面用品

      お小遣い、クレジットカードなど 

 

      ”ヨガの聖地”として知られるリシケシは観光地でもあるため、生活必需品はほぼ何でも安価でそろいます。

   荷物はなるべく少なく身軽に行くのがいいでしょう。

   8月は雨季と夏に当たり、(平均気温26~28度前後)、雨は多いですが、涼しく、比較的過ごしやすい時期です。

   ただ、ヒマラヤの麓にあるため、変わりやすい天候で、寒暖の差が激しいです。

   リシケシは基本的にベジタリアン・ノンアンコールの聖地ですが、世界中からツーリストが集まるので、

   街のいたるところにレストランがあり、各国の料理が新鮮な食材のもと、美味しく食べられます。

   食費は、日本円で一食数百円ほどです。(例:スパゲティ300円位、チャイ150円くらい、フルーツサラダ250円くらい)

  

4、【費用】         

*渡航に関わる費用個人実費負担:

現地宿泊代(一泊3000円前後/3月は国際ヨガフェスティバルが開催される関係で、宿泊費は高め)、食費、ヒマラヤ・ツアー参加費(7000円前後/任意)、航空券(8万円~10万円前後/予約時期にもよる)、パスポート取得費用(10年/1.6万円、5年/1.1万円)、ビザ取得費用(US25ドル/オンラインで申請した場合、代行業者に依頼すると5000円~7000円)、海外旅行障害保険(1万円前後/任意)、現地師範へのダクシナ(御礼)とドネーション(教室使用及びスタッフへの謝礼)/任意

*ダクシナとは何か?

師範は、誰かに雇用されているわけではなく、ヨガに対する忠誠心をベースとして、弟子にヨガの智慧を授けてくれます
日本のヨガ社会(資本主義社会)での講師と受講生の関係とは全く異なりますので、予め理解しておく必要があります。
そのため、ダクシナは、決して授業を受ける際の”受講料”や講師への”日給”ではありません。
ダクシナとは自分が師の力を借りて、大いなる叡智と自分との関係を築いていく大切な手段です。
現地ヨガの伝統においてダクシナは、智慧を身に付けるための学びに欠かせない重要な要素の一つとなっていますが、”いくら位が妥当か?”というと、個人的な価値観と自分自身の考え方次第です。
結局は、個人と人生の糧となっていく知識や経験との関係ですので、各自が将来も見据えて後悔のないダクシナを決めればいいでしょう。

(インドでは最終日に、ダクシナを講師へ包むのが生徒側の品位と規範とみなされます。*金額は問題ではありません) 

 

*インドでは、2017年7月よりGST(消費税10%)が導入され、過去5年間で、観光地化が急激に進み、物価が急上昇しています。

また、小綺麗なホテルのレストランでは、サービス料も10%ほどかかります。

本データはあくまでもご参考にしてください(上記費用は、2018年1月の時点の現地物価及び為替レートにより算出したものとなっています)

 

5、【参加申込及び注意事項について】

9月10日までに、下記の参加申し込み書及び免責同意書をスクールまで提出してください。

*出発2週間ほど前にオリエンテーションを実施します。

*国際航空券(ANA)および、インド国内航空券(エアインディア)、ビザ(査証)、パスポート、海外旅行傷害保険の手配(任意)は、

 全て個人手配となります。手配で分からないことがあれば、お気軽に相談してください。

 

ANA国際航空券予約:http://www.ana.co.jp/asw/

e-VISA(インドオンラインビザ申請画面)https://indianvisaonline.gov.in/evisa/tvoa.html

インド国内航空券手配:エクスペディア https://www.expedia.co.jp/lp/flights/del/ded/delhi-to-dehradun

 または、トリップアドバイザー https://www.tripadvisor.jp/Flights-g297687-o304551-Delhi_to_Dehra_Dun.html

 

宿泊先:Hotel Orange Classic(予定)

Laxman Jhula, Near Taxi Stand, Rishikesh, Uttarakhand 249302

 

*航空券、ビザ、パスポートの手配後、コピーを取り、7月末までにスクールに提出してください。

*現地の宿泊費及びタクシー・バス、オプションツアーなどの手配はスクールで行ないますので、実費を現地で清算してください。 

 

6、【当校養成コース生以外のご参加に関して】

当校一般会員様に限り、ご参加のご相談を承っております。

上記費用以外に、現地でのヨガプログラム参加費(10.5万円/税込)が別途かかります。

詳しくは、お気軽にお問合せ下さいませ。 

  

 

ダウンロード
2018インド研修参加申込書兼免責同意書.pdf
PDFファイル 102.1 KB