全米ヨガアライアンス YACEP(継続教育講座)20時間 認定

真理・プラサードのもとで学ぶ

 

インド伝統式ヨガニードラ指導者養成講座20H 概要

 

現代のストレスマネジメント及び、ヨギのセルフ・プラクティスの決定版!

インド・ヒマラヤ伝承ヨガニードラ及び現代版ヨガニードラの実践と指導法を 

身に付ける少人数講座。

 

【2019年度 1月開講 ヨガニードラ指導者養成講座概要】      

 

第8期日程:2019年1月29日(火)、30日(水)、31日(木)

      午前10時~17時まで *全3日間の講座です。 

        *ハーブティー及びおやつ付

       *繰り返し受講、無料。

       *参加できない日は、来期以降に振替可。          

       

【受講資格】

・ヨガインストラクターやその他フィットネスインストラクターとしてご活躍の方で、

   ご自身のクラスでヨガニードラでのリラクゼーション法を取り入れてみたい方。

・瞑想に興味をお持ちの方。

・ヒマラヤに伝わるタントラの浄化テクニックを身に付けたい方。

・ヨガ、ヴェーダ、タントラなど、思想と哲学の知識及び理解を深めたい方。

・不眠や自律神経、ホルモンのアンバランスにお悩みの方。

                        

 *妊娠中の方もご参加可能です。
   ただし、実践するポーズや内容によっては、実践を控えていただくものもございますので、予めご了承下さいますようお願いいたします。

 

◆CE(ヨガアライアンス継続教育)とは?:

全米ヨガアライアンスでは2016年よりRYT認定資格更新の規定が変わりました。RYT保持者は、3年ごとに、全米ヨガアライアンス公認ヨガ継続教育指導者(YACEP)から、30時間の継続教育(CE)講座を受講しないと、資格の更新ができなくなりました。

うち、10時間は対面教育を受けることで必須条件で、残り20時間は、YACEP講師からのオンライン教育でも可と規定されています。

*真理・プラサードは、全米ヨガアライアンス最上級資格であるE-RYT500とYACEP(ヨガアライアンス継続教育プロバイダー)の両方を保持し、国内では10数名しかいない養成指導者のひとりです。(2017.4.18 現在)


  
【受講料】10.5万円(税込) *2018年12月末までの申し込みで、1万円割引           

 

  *受講費には、教材費(1.5万円相当)及び、インド現地アシュラムの修了証発行代が含まれます。

  *分割払い相談可(通常価格で三回まで)

  *ハーブティー&おやつ付

  *当校TT生・卒業生、割引特典あり(9万5千円/税込)

  *年間の資格更新料などは特にかかりません。当校座修了者はヨガ指導者養成コース200時間/300時間を割引価格で受講できます。

   

 振込先:みずほ銀行 八王子南口支店 普通口座 1314999 特定非営利活動法人 ヒール・ジ・アース

 

【担当講師】

  当校ディレクター 真理・プラサード

   アシスタント講師 MIYUKI

   (コース監修:インド・アシュラム師範 ニーラブ・プラサード

 

【取得資格】

 インド中央政府公認 RISHIKESH YOGASHALA認定 ヨガニードラTTC20H 修了

 NPO法人ヒール・ジ・アース認定 インド伝統式ヨガニードラセラピスト20H 修了

   全米ヨガアライアンス 認定 YACEP(継続教育講座)講座20時間 修了

 

【定員】12名

 

【持ち物】

 動きやすい服装、汗拭きタオル、筆記用具

 

【応募方法】

 下記のエントリーフォームより、お申込み下さい。

 

 お申込み受付後、事務局より、確認のメールをお送りします。

 *ご入金の確認を以て、正式受講受付となり、領収証と当校一般レッスンのフリーパスをご郵送いたします。

 *ご入金後の受講料の返金は出来かねますので、予めご了承下さいませ。  

 

【次回開講予定】2019年5月GW中

        

 


ヨガニードラとは? What is Yoga Nidra?


 

ヨガニードラの”ニードラ”とは、サンスクリット語で、ヨガ行者の”眠り”を意味する言葉です。

それは”夢を見ている状態”や単に”目覚めている状態”とも異なり、意識を覚醒したままで行う眠り、

つまり、意識の神聖な一つのステージ(瞑想状態)のことを表しています。

 

現代では、ヨガニードラは、単なるガイダンス付のリラクゼーション法として、広く一般に広まっていますが、本来は数千年にわたり、賢者やヨガ聖者によって密かに伝承されてきた、統一意識・純粋意識に至る智慧であり、単なるリラクゼーションの方法ではありません。

 

この講座では、ヨガ発祥の地ヒマラヤに伝わる古典的かつ伝統的なヨガニードラの真髄と、現代的にも応用しやすいリラクゼーションやセラピーとして広まっているテクニックについても習得することが出来ます。

 

通常のヨガのクラスでは、ポーズを取ることにより、心身に働きかけますが、ヨガニードラでは、基本的にはシャバアーサナ(屍のポーズ)もしくは、代替のシンプルなポーズを取り、指導者のガイダンスに委ねることによって、リラックスしながら、私たちのマインドに直接働きかけ、覚醒された意識での深い眠りの状態(ヨガニードラ)へと導きます。

 

このプラクティスを日常的に繰り返すことにより、個人の自己変革を自然に引き起こし、内在する自然治癒力・自己免疫力を

喚起するセラピーとして、現代では様々な形で取り入れられています。 

 

 

【この講座で主に学習できること】 
この講座では、ヴェーダ、ヨガ、タントラ思想から、意識のステージについて理解を深め、実際のヨガニードラをご自身で体験し、インド・ヒマラヤ伝承の伝統的ヨガニードラの指導技術と現代的なヨガニードラの誘導法を真理・プラサードのもとで習得します。 

 

・マントラ:心、体、魂を統合し、ヨガニードラの意識状態に到達するのに効果的だとされる3つのヴェーダマントラをヒマラヤ司祭階級に属するマントラ伝承者のニーラブ・プラサードのサポートの元、真理・プラサードより、直接伝授します。(真理・プラサードも正式伝授認定者です)

 

・アーサナ:心身のリラクゼーションを深め、ヨガニードラの瞑想状態に到達するのに効果的な基本のアーサナ(ポーズ)を修得します。

 

・プラーナヤーマ:瞑想状態に誘うのに効果的な呼吸法を修得します。

 

・ヒーリング:心身に溜まったネガティブなエネルギーを浄化し、ヨガニードラの準備となる、パワーストーンやその他瞑想の為の浄化グッズを使ったヒマラヤに伝承されてきたタントラのテクニック。
*現地ではアーユルヴェーダ(インドの伝承自然医学)のセラピーとしても用いられています。

YACEP認定 ヨガニードラ指導者養成講座エントリーフォーム

メモ: * は入力必須項目です

正式なお申込みは、以下の申込書のご提出とご入金をもって、お申込み確約となりますので、ご了承下さいませ

ダウンロード
ヨガニードラセラピスト養成講座申込書2018.pdf
PDFファイル 185.2 KB