ティーチャー・トレーニング・コースをご検討中の皆さんへ                 


毎回、インドに行くたびに、実感することがあります。

それは、私たち日本人は、インドを含む多くの国の人たちよりも、ずっと物質的に豊かで、安全な生活環境で恵まれているのにも関わらず、実際のところは、心の内側に沢山のストレスと悩みと不安を抱え、まだ来てもいない明日のこと(未来)を心配し、朝から晩まで“いい生活”のために働いて、“今を愉しむ”という本当の生きる喜びを忘れてしまっているのではないかということです。 

ストレス社会に生きる私たちは、自分の気持ちにフタをして、お金や地位や人からの評価などのために働き、いつの間にか、本当の自分の感情や感覚さえも分からなくなってしまうことがあります。

 

シングルマザーとして、先天性の心臓病を持って生まれた長男と、長女の二人の子供を抱え、15年間、一般企業の社長秘書として、仕事に明け暮れていた過去の私も同様でした。  無理なオーバーワークに、前夫とのDVによる離婚問題、経営者だった父の会社の倒産と入院など、もろもろの家庭の事情が重なり、気が付いた時にはバーンアウト。心身ともに疲れ果て、そこから逃れるためには、”消えて無くなってしまうしかない”と思い詰めるようになっていました。

自殺願望を抱くようになり、うつ病と診断され、二度の休職と専門医療機関での治療・入院。生きる気力を失い、絶望感に苛まれる毎日・・・。

 

そんな時に、本当の〝生きる意味”に気が付かせてくれたのは、紛れもなく、恩師との出逢いとヨガの哲学的な教えでした。

 

ヨガは、ただ、“ポーズを取ること”だと思われがちですが、本当は、どの時代でもどの場所でも、人類の普遍的なテーマである“人間はどうしたら、幸せになれるか”、そのヒントが沢山つまった実践的な“人生のガイドブック”そのものです。

そこにあるのは、社会的個人的モラルから始まる、”心のコントロール法=瞑想状態”に至るまでの恩恵として得られる心身の健康、気の浄化法など、4000~5000年も前から継承されてきた人類の叡智の結晶です。  

 

欧米では、すっかり、人々の生活の一部になったヨガ。

日本でも多くの人がヨガのポーズに取り組み、また、ヨガの指導者も巷には溢れています。

しかし、これからの時代が求めているのは、ポーズや呼吸法を単なる美容法・健康法の一つとして教える”インストラクター=指揮する人”ではなく、”人はいかに生きるべきか”という伝統的なヨガの思想までをも分かりやすく、ヨガのクラスを通じて、自らの生き方や日常生活を通じて、社会に伝えていける真の指導者です。
 

このコースでは、日本では、手薄になりがちなヨガ哲学を、真理プラサード自身の過去の人生経験やインドでの修練の日々で培った学びを軸に、伝統的なハタヨガのーサナ(ポーズ)、呼吸法、瞑想法、マントラ詠唱法、浄化法、ムドラ、バンダのテクニックをインドアシュラム師範ニシューと共に、分かりやすくお伝えしています。

また、先天性脊柱側弯症や頸椎の奇形、気管支喘息や虚弱体質を生まれ持った真理が、パーソナルトレーナーとしての解剖学や運動生理学での学びをもとに、どのようにハンデを克服し、また、共に生きる知恵を見に付けたか、その経験をベースに、どなたでも安全にヨガのポーズや呼吸法などの実践指導が出来るように導きます。

コースでの総授業時間は200時間以上。養成コースでの実際の授業時間が140~160時間である認定校がほどんどのわが国では、全米ヨガアライアンスRYT200認定校として、全国最多の時間数と豊富な授業内容となっています

 

夫のニシュー・プラサードとともに、皆さまが、ヨガの学びを通じて、さらに人生を輝かせて、人としての学びの道、ヨガの旅路を歩んでいけますことを心よりお祈りしています。

 

2016.12 真理 プラサード

 

Do Good, Be Good and Good will Come to You!


 

"Time dosen't wait.  Indecision will only let opportunities slip by.  Pick a path and walk confidently with your heart behind every step."

 

"Yesterday, I was clever so I wanted to change the world, today I am wise, so I am chaging myself."