よくあるご質問 Q & A


Q,  インド伝統式ヨガと現代式(西洋式)ヨガの違いは何ですか?
  現在、日本では空前のヨガブームといわれているほど、年々定期的にヨガのクラスに通う人が増え、ヨガ人口が増え続けています。
  10年前は3%と言われたヨガ人口が今では、590万人・人口の約7.5%を超え、また、ヨガの指導者を目指す方も増え続けています。
  しかし、一般のヨガスタジオもヨガ指導者養成校も、ほとんどのスクールが取り入れているのは、現代式(西洋式)ヨガであり、
  残念ながら、ヨガ発祥のインド古来から伝わるヨガの基本的な思想や哲学を深く学べるところは少ないというのが現状です。
  インターネット記事NAVERにも当校が取り上げられ、記事がまとめられていますが、ヨガの本質を知ることはまず、インド伝統式
  ヨガと現代式ヨガの違いを知ることが始まりです。

~インド伝統式ヨガの特徴~
ヨガには約4500年の歴史があり、さらに歴史を辿ると1万年以上前のタントラを起源にしていることが分かっています。
健康やフィットネス、美容を目的とするエクササイズとして20世紀後半に欧米で大衆的にブームとなった”ハタヨガ”は、多くの場合、
現在では、単に”ヨガ”と呼ばれています。現在、ほとんどのスクールでも”ハタヨガ”と呼ばれるものは、19世紀後半から20世紀前半の西洋で発展した体操法・エクササイズに由来し、インド独自の体系として確立したインド伝統式ハタヨガとの繋がりはとても薄くなっています。
現代のヨガのクラスで行なわれているポーズを中心とした偏ったクラスは、インドでは、”創られた伝統”と言われています。
このように、現代式ヨガは心身の健康面(ともすれば肉体面ばかり)が強調されたエクササイズ的な側面が目立ちますが、ヨガの長い歴史をさかのぼってみると、人類最古の思想ヴェーダにさかのぼり、スピリチュアルな宇宙観・世界観・輪廻転生などの宗教観やインド哲学、自然医学・心の科学(心理療法)など様々な分野の基盤にヨガがあることが分かります。古来から伝わるインド伝統式ヨガは、身体的な面だけではなく心といった内面的な自己を深く探求することから始まり、”すべてのものは一つである”という梵我一如・ONENESSの視点から、自己と世界を捉え、”生き方・人としての在り方そのものをヨガに生きる”ことが目標となっています。
日本社会では、社会を震撼させたカルト事件があった影響で、ヨガのスピリチュアル的な側面が排除され、現在では美容と健康面ばかりが強調されたヨガが流行していますが、本来のヨガは、スピリチュアル的な宇宙観や哲学・思想を語らずして、伝えることはできません。

~現代式(西洋式)ヨガの特徴~
現代式ヨガの特徴としてまず挙げられるのが、インドの伝統式ヨガが内面性を非常に重視する点と違い、西洋ヨガは解剖学や運動生理学の視点をベースに身体的エクササイズとしてヨガを体系的に学ぶことが多いという点です。ポーズを練習する上での誤った体の使い方・癖・過信からくるケガを防ぎ、ポーズを心身の調整目的、セルフメインテナンス、セラピー的に用いることが多いのが特徴です。
肩こりが良くなる、痩せる、腰痛がよくなる、スタイルが良くなる、若返るなど、ヨガの効果として挙げられること自体は本来ヨガの目的ではなく、日頃の地道な鍛錬のもと私たちに与えられていく副産物のようなものです。これらを”得る”ことにヨガの目的を置くことは、裏を返せば、”それらが、現在自分にない”ことを潜在意識にインプットし、そこから生じる不平不満や自己否定に繋がったり、もしくは、その目的が達成された際に、”執着心”やそれをなくした際の”不安””恐怖”といった心の悩みを新たに生み出すこととなり、ヨガ本来の”煩悩からの解放”や”今あるがままの自己や世界を受容することの幸福感が常にベースにある”というのと、逆行してしまうことに繋がりかねません。
もちろん、それらも現代社会で人々に求められているのが現状ならば、掛け替えのないヨガの智慧を有効活用しないほかはありません。
ただ、だからといって、ヨガの根底に流れる思想や哲学を疎かにして、知識に頼り切り、ヨガ思想と身体の知識(解剖・生理)を異なった講師が別々に教えていたり、決められたマニュアルを教えるだけで、個人個人の異なる身体への適応力や精神的な面のサポート養うことが出来ない場合も多く見受けられます。

当校は、ヨガの聖地と呼ばれる”インド北部ヒマラヤの麓、リシケシ”からやってきた、”アシュラム”をコンセプトとするヨガスクールです。
リシケシは、ヨガ発祥の地で、現代式ヨガを生み出した欧米諸国を中心に、世界中からヨガの愛好者や指導者が、アシュラムにヨガの学びを深めに訪れます。アシュラムとは、”精神的な修行をする場所”という意味があり、ヨガ修行者が他の生徒とともにヨガの教えに基づいた共同生活を送る場でもあります。リシケシ以外にも、インドには多くのアシュラムが点在していますが、外国人を受け入れている場所はそう多くありません。
しかし、リシケシの多くのアシュラムは、ヨガの思想のONENESS~すべては一つ~を基盤に、外国人も身分も老若男女問わず、広く受け入れているところが多いのが特徴です。インド国内のみならず、世界中の方とヨガの考えを基盤に生活を共にすることで、文化・習慣・国境・人種を超えた交流の場となっています。

 

Q: 体が硬いのですが、私でも出来ますか?
ヨガはもともと、ポーズが取ることが目的ではないので、心配する必要はありません。
ただ、ポーズの実践を通じて、柔軟性は自然と身についてくるものですが、逆に柔軟性に自信の無い方のほうが変化を実感しやすいかと思います。人と比べて頑張る必要はありませんので、まずは、心地よい呼吸を行ないながら、自分の体や心の声に意識を向けていきましょう。焦らずに少しずつ取り組むことで、自分の体の変化に気付けるようになっていくと思います。
無心でポーズに取り組むうちに、普段、気がつかなかった体からのメッセージや、本当の自分の心の声に気がつき、その過程で心身ともに癒されていくと思います。

Q: ご飯を食べてから行なっても大丈夫ですか?

   ヨガのポーズや呼吸法の実践は、本来、空腹時に行なうのが基本です。 食後は、胃に血液が集中していて、消化酵素が活発に働いて

       い るときなので、そのときに運動してしまうと、血液が胃に集中できなくなって消化不良を起こしやすくなります。
       食後すぐに運動すると、消化器官は急に大半の血流を手放さなくてはならず、負担がかかります。食後すぐの運動で横っ腹が痛くなる

       のはそのためです。ただ、慣れないうちは、集中しにくくもなりますので、消化のよいものを軽く食べておくのもいいでしょう。

       徐々に、空腹時を心掛けてみると良いと思います。慣れたら、レッスン前の食事は二時間以上前に済ませておくように

       習慣づけましょう。

Q: ヨガで、ダイエット効果は得られますか?
ヨガを続けていくと、本来、体が必要としている分以上に食べなくなり、また食べないような精神状態になっていきます。
ヨガで心身のバランスが取れ、リラックスできると、余分な食欲が湧いてこなくなり、結果としてダイエットに繋がります。
筋肉量が増えて、基礎代謝が上がると、同じものをエネルギー消費量が増えるので、太りにくい体質となります。
また、太陽礼拝などに代表されるような動くタイプのヨガのクラスでは、無理なく、有酸素運動が行なえ、脂肪燃焼効果も期待できます。
Q: ヨガをするなら、何時ごろがいいでしょうか?
本場インドの習慣では、日の出の後の早朝の空気が澄んだ時間と、夕食前の空腹時がいいとされています。
でも、多忙な現代人である私たちは、”これ”と縛られず、自分の生活スタイルに合った時間に、ご自分の無理のないペースで取り組んでいくだけでも、ヨガの恩恵をたくさん得ることができると思います。
Q: 効果はどのくらいで出ますか?
   個人差がありますが、続けることで、少しずつ、身体と心の変化を感じていくことができます。
   ”継続は力なり”と言いますが、例え、週一回でも無理なく続けてみることを心がけてみましょう。
   徐々に、それが自然な習慣となり、本場インドのように日々の生活の一部になっていくといいですね。
   インドでは、ヨガは”する”ものではなく、”日々の生活、生き方、人生、生命”そのものだという考えが一般的で、通常は、
   ”ヨガをする”、”しない”とは言わず、”ヨガに生きている”・・・という言い方をします。
Q: ヨガを行うと、身体的にどんな効果がありますか?
詳しくは、”ヨガの効果”のページに記載していますが、自然治癒力・免疫力の向上、血流やリンパ循環の促進、心肺機能の向上、脳細胞の活性化など、 たくさんの効果が実証されています。 脳内のストレスを軽減し、神経伝達物質の分泌を促進しうつ病の改善など、心の健康に関する精神面にも効果的です。
Q: レッスンに参加するには、何を持っていけばいいですか?
マットはスクールのものを無料でお使い頂けますので、ゆったりと動きやすい服装や、ちょっと汗をかいたときに使えるタオルが一枚あれば大丈夫です。また、スクールに自販機はありませんので、お飲み物はご自身でお持ちくださいませ。
また、レッスンは裸足で行ないますので、特別なシューズは必要ありません。
Q: 皆さんは、週何回くらい通っていますか?
忙しい現代人の私たちは、週に1回のペースの方が多いです。また、日本のヨガ人口自体も、7.5%くらいなのですね。
人類数千年の叡智の結晶であるヨガをもっとたくさんのひとに知ってもらえたら嬉しいです。
あとはご自身のヨガとの向き合い方次第です。回数をがむしゃらに多く通えばいいというものではなく、頻度に関わらず、レッスンで行なったことや身につけたこと少しずつ、日々の生活のなかに活かしていくことが大切です。 

Q:  着替える場所はありますか?

  はい。玄関脇に、6~7名が一緒にお着換えが出来るスペースがあります。

  ただ、更衣室は一つだけとなっております、男性のお客様にはお待ち頂くか、もしくは、簡易的なパテーションがございますので、

  パテーションをご利用の上、お着換えをお願いしております。

 

Q: 駐車場はありますか?

  あいにく、お客様用の駐車場はございません。ただ、同じ通り沿い(町田駅前通り)には、コインパーキングが点在しておりますので、

  そちらをご利用下さいませ。一番近いところで、徒歩30秒、薬師写真スタジオさんの隣に、コインパーキングがあります。

 

Q: 自転車やバイクは停められますか?

  マンション階下に入居者用の駐車スペースがあります。

  1時間ほどの一時的な駐車なら大丈夫かと思いますが、当校では、一切の責任を負いかねますので、お客様の自己責任でもって、

  ご判断ください。

  

Q: 休会/退会するのには、どのような手続きがありますか?

  休会、退会ともに特に手続きは必要ありません。また、レッスンにご参加になれる状況になれば、お気軽にお越し下さいませ。

  特にお申し出のない限り、半永久的に会員登録されています。休会費用も特にありませんので、しばらくお休みされたとしても、

  また、いつでもお気軽にご参加下さいませ。

 

Q: レッスン中の見学は不可とのことですが、それ以外の時間であれば、いつ見学に行ってもいいですか?

  あいにく、当校は社会奉仕を理念とした、NPO法人が母体となっており、常駐のスタッフはおりませんので、ご見学はお断りして

  います。各レッスンはとてもリーズナブルな体験費でご参加になれますので、是非、体験レッスンにご参加下さい。